携帯電話・スマートフォンを拾ったらどうしたら良いか?

携帯・スマホの落とし物!

先日、出張中に公園の駐車場で携帯電話(ガラケー)を拾ってしまいました。

一歩間違えば踏んづけてしまってましたが、気づいて良かった。

 

携帯電話と言えば、現代の個人情報が凝縮されたアイテムです。

落し物として拾ってしまった場合、やっぱり戸惑いはありますよね。

 

で、私はどうしたかと言えば・・・

ズバリ!交番に届けました。

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが

携帯電話やスマートフォンを拾ったら交番や警察署に届けましょう。

 

落とし主が、落とした事に気づいて

タイミングよく電話をかけてくる事もあるでしょうけれど

やはり、ここは最も安全で安心な選択が大切ですね。

お巡りさんに聞くと、やはり携帯電話・スマホの落し物は年々増加しているそうです。

 

誰もが持っているという事は、落としたりなくしたりする確率も高くなって当然ですよね。

取得物件預り書
取得物件預り書

落とし物を交番に届けると?

運良く、携帯を拾った公園の近くに交番がありまして

さっそく届けに向かいました。

 

まず、落とし物の携帯電話を交番に届けるとどうなるか?

 

「お巡りさんがものすごく丁寧にお礼の言葉をかけてくれます」

 

優しいお巡りさんはドラマの中だけ?(失礼)と

思われるかもしれませんがそんな事はありません。

普段の生活では味わえないくらいの「感謝の念」で迎えてくれます。

※お巡りさんによって温度差はあるかもしれません(笑) 

落とし物の届け出にかかる時間は?

交番に携帯電話を届けると、型番や色などを確認した後

名前、住所、連絡先の聞き取りがあり

(私の場合、県外からの出張だったので、再度丁寧なお礼の言葉をかけていただきました。)

 

お巡りさんが交番から警察署へ連絡し

確認項目のチェックと必要箇所へ自筆の署名をして終了。

 

約10分ほどで全て完了です。

現金などと違って、拾った物に対して権利を主張する人はほとんどいないそうです。

まぁその辺は日本人的な常識感ですね。

その後、携帯電話は警察署に送られて保管されます。

 

ちなみに、届けられた携帯電話やスマホが本人の手元に戻る確立は

 

ほぼ100%

 

という事ですので安心ですね。

落とし物は交番・警察へとどけましょう!

みなさんも、携帯・スマホに限らず落とし物は警察や交番に届けましょうね。

 

そして自分も普段から落とし物しないように気をつけましょう。

 

それではここで一曲。

走れ正直者!by西城秀樹

どうでも良いですが、この曲はカラオケで歌うと盛り上がるので

レパートリーにしておくと重宝します(笑)

「交差点で100円拾ったよ〜今すぐコレ交番届けよ〜ぉ〜〜♪」

この記事を書いたのは

大原屋コミュニケーションズ代表

・中小企業庁ミラサポ専門家

・長野県中小企業振興センター専門家

・エキスパートバンク長野県登録専門家

・エキスパートバンク岐阜県登録専門家

・JimdoCafe信州代表

・大原屋コミュニケーションズ

・カレーの大原屋店主

プロフィール

 長野県の田舎にある飲食店

コンサルタントが【首吊り物件】と口を揃えるほどの

超悪立地の店「カレーの大原屋」をネットとリアルを融合させた

独自のコミュニケーション手法を用い「地元の小さな観光地」

と言われるまでに認知度を高め、ご当地カレーの店として運営。

並行してカレーをテーマにした商品開発も手がけロングセラー化。

 実店舗の運営で培った実践ノウハウを、中小企業、個人店舗が

「実際の現場に落とし込める具体的な形」でアドバイスを行い成果につなげた実績が認められ、商工会議所、商工会、各種団体で講師を務める。

現在では、長野県を中心に、東京、名古屋、関西など各地で、年間300名を超す(2013年~)個別指導を行っている。

大原屋コミュニケーションズ

長野県飯田市羽場権現978-4

tel:0265-21-0739